ウォーターサーバー 安い おすすめ

ウォーターサーバーの月額費用が 安い おすすめを紹介。

月額利用に掛かる費用は、主にお水の価格、ウォーターサーバーレンタル料、宅配料、電気代などです。

最近は、レンタル料や宅配料が無料だったり、
エコモードが搭載されていて電気代がお得なウォーターサーバーもたくさんあります。

ここでは、月額維持費用が 安い おすすめのウォーターサーバーご紹介いたします。
注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用
【クリクラ】
水の価格(500ml換算) RO水 56円~
月額費用  3,460円~

【アルピナウォーター】
水の価格(500ml換算) RO水 43円~
月額費用 3,516円~

【信濃湧水】
水の価格(500ml換算) 天然水 65円
月額費用 3,892円~
【アクアクララ】
水の価格(500ml換算) RO水 50円~
月額費用 4,100円~

【プレミアムウォーター】
水の価格(500ml換算) 天然水 76円~
月額費用 4,180円~


1位

クリクラ

クリクラ

2位

アルピナウォーター

アルピナウォーター

3位

信濃湧水

信濃湧水

ウォーターサーバー 小さい CM

さかなクンの CMで有名な ウォーターサーバーは
ボトル交換の必要がない、水道直結型のウォータースタンドです。


ウォーターサーバーの サイズの小さいのを探している方の選択肢の一つになります。
普通のウォーターサーバーと違う点は、
水道とつなぐことで「水道水を浄水する」タイプのウォーターサーバーということです。


一般的なサーバーとは違ってボトル交換の手間がなく、
ボトルの保管スペースも必要ないというのが最大のメリットといえます。


「それってただの浄水器じゃないの?」と思うかもしれません。
水道直結型サーバーは、浄水器プラス ウォーターサーバーの機能が組み合わされた ハイブリッド型と言えます。


一般的な浄水器は、浄化した 常温水しか出すことができません。
でも水道直結型ウォーターサーバーは、浄水した水を加熱・冷却できるため、
いつでも 浄化されたお湯や冷たい水を飲むことができます。

いつでも 熱いお湯が使えるウォーターサーバーのメリットがあります。

水道直結なので、ボトル交換の手間がいらず、
使いたい放題使っても 定額料金で おいしいお水が飲めるのがメリットです。

設置場所も スペースを取らずコンパクト。
ウォータースタンド背面の給水ホースを部屋の隅などに這わせていくこともできるので、
キッチンから離れたところに設置することも可能です。

マンションや 家の水の 臭いが気になるなら、ウォータースタンドを 設置してみてはどうでしょうか。



ウォーターサーバー おしゃれ レンタル

ウォーターサーバーを部屋に置くなら、おしゃれなサーバーを選びたいですよね。

ウォーターサーバーは 常に置いてある家具のようなものなので、
インテリアを選ぶときと同じ感覚で 好みのデザインを選びたいです。

おしゃれな部屋に合う、インテリアのような 
ウォーターサーバーで 月額レンタル料無料のオススメは

amadana スタンダードサーバー
日本の美意識を表現した人気の高い家電ブランドの「amadana」とのコラボ製品。


横幅が26.5cmとコンパクトなので、置き場所を選ばない。
サイズ(幅×奥行×高さ) 26.5cm×31.3cm×132cm
送料・レンタル料は無料なので、月額費用は 水代(24Lの場合) 3,920円と数百円の電気代のみ。


ナチュラルな色合いの3つのカラーが選べる。
家具と並べても違和感ないシンプルでコンパクトなデザイン



ウォーターサーバー 電気代 節約

ウォーターサーバーの電気代が どれくらいかかるのかは

の記事を参考にしてください。


機種によって 電気代は違うのですが、
エコモード 節約モードが ついている機種も増えています。


エコモードがついていなくても 電気代を節約することはできます。

ただし、電気代を節約するために、
温水スイッチを切ったり、コンセントを 抜いたりして 節約するのは 絶対ダメです。

ウォーターサーバーは、一定以下の低温、また一定以上の高温にすることで 
菌の繁殖を抑え、衛生状態を保っているからです。


さらに、サーバー背面のほこりを こまめに掃除したり、
冷蔵庫のように 背面スペースを少し空けたりするだけでも、
熱がこもるのを防げ、電気代を節約することができます。


移動できるタイプなら 直射日光や 温度の低い場所に移動しましょう。
台所の コンロ近くとか 温度が上下しやすい場所も 避けましょう。


最近は 節約モード搭載機種が増えているので 機種を変えるのも検討しましょう。


フレシャスウォーターサーバーに搭載されている「SLEEP機能」は、
お部屋の明るさを自動で感知し、温水の電源を一時的にオフにするため、
不要な電力の消費を抑えてくれます。

さらに、温水温度を低めの70度に設定できる「エコモード」にすれば、
ホットドリンクを飲まない季節も効率的に節電が可能です。

ウォーターサーバー 一人暮らし 安い

一人暮らしでも ウォーターサーバーが あったほうがいい
メリット記事をかきました。


いくら便利でも 月々の費用が 高いのは考えちゃいますよね。

そこで 一人暮らし用で 安いウォーターサーバーを 探してみました。

ウォーターサーバーにかかる費用は だいたい6つ
1. 初期費用
2. 水(ボトル)の費用
3. サーバーレンタル費用
4. 電気代
5. 配送料
6. メンテナンス料
普通の家庭と 大きく費用が違ってくるのが 水の費用です。


知っておきたいのが ノルマとスキップ制度
ノルマとは、月の『最低注文本数』のことです。


これが設定されている場合、例え前月に買った水が余っていたとしても 
翌月にはノルマ分を注文しなければなりません。


特に サーバーレンタル料が無料のところだと ノルマを設定しているところが多いです。
もし今月は中止したいというと ペナルティとして手数料が発生することがあります。


一般的に 大人は、1日にペットボトル1本(約1.5L)の水を摂取するのがいいとされています。
それくらいは 水を飲んでいると思えば、一人暮らしでも ノルマは達成できるでしょう。
また、飲み水だけでなく、お茶やコーヒー、料理などに使えば ノルマは大丈夫そうです。


それと、ノルマに注目する場合には、ボトル容量もチェックしましょう。
容器のタイプは機種ごとに異なり、また水の量も全く違うのです。
12L入りのボトルもあれば、4.2L入りのウォーターパックなど 様々なものがあります。


ノルマが 2本と言っても 12リットルが 2本と 4.2リットルが2本では 全く違いますからね。


ノルマを設けているメーカーでは、水の定期配送をお休みする
『休止(スキップ)制度』を設けているところが多いです。
水の消費が少ない月は、事前に申し込むことで一旦定期配送をストップすることができます。


お盆で帰省するとか、長期旅行で 消費しない時がある方は、
ノルマがないものや スキップ(休止)制度のあるものを 選びましょう。


一人暮らしの方に 月額料金が安い ウォーターサーバーの オススメは







おいしい天然水1,960円/12L
ノルマは 月2本(24リットル) 1日1リットルしか飲まないとしても 足りないくらいです。
電気代が 620円ぐらい
月額 4500円ぐらい

7リットルで3年契約だと 3900円ぐらい 1日 130円ぐらいの 安さです。